食べすぎ
バナー原稿imp

魚嫌いな子供におすすめする良い成分を摂取する方法を紹介します。

 

魚が嫌いな理由

イワシ

管理人も子供のころは魚は好きではありませんでした。

魚が嫌いな理由として、刺身などの生魚は美味しいと感じませんでしたし、ご飯のおかずとしては満足できませんでした。

また、焼き魚は骨を取ることが面倒ですし、ちょこちょこ食べるイメージで美味しいと思わないなど、魚よりは肉の方がずっとおかず、美味しさとして魅力がありました。

現代では魚を食べなくても美味しいものがあるので、母親も栄養を考えず美味しいものを与えていたように感じます・・・。

もちろん、当時は魚が体に良いことは知らなかったので、今では後悔しています・・・。

 

魚の良い成分

 

魚は肉が流通する以前、仏教が重んじられていた時代には身近なたんぱく源でした。

しかし、現代では魚よりも肉の方が手軽に購入できるようになり、現代人の食生活も欧米化し肉食が中心となっています。

もちろん、肉のたんぱく質が摂取できれば良いかもしれませんが、魚を選ぶ理由として最近話題のDHAやEPAが摂取できる点です。

魚を食べないとなるとDHAやEPAの摂取は難しいことになります。

しかし、実は魚を食べていてもDHA&EPAは不足しているのが現状です。

ですから、魚を食べている子供でも、実は魚のよい成分DHA&EPAは不足していることになります・・・。

 

必要摂取量は1000mg

魚が好きな子供でも、大人でも、魚が嫌いな子供でも、DHA&EPAは不足しています。

厚生労働省が推奨しているDHA&EPAの摂取量は大人でも1000mgとされています。

このDHA&EPAを1000mg摂取するためには、赤身のマグロの刺身でも9人前も取らなければいけません。

また、焼き魚の場合、DHA&EPAは熱に弱いため減少してしまいます・・・。

となると、魚が嫌いな子供だけではなく、魚が好きな大人でさえDHA&EPAは不足しているということになります・・・。

 

DHA&EPAをサプリメントで摂取

魚が好きな大人でも、魚が嫌いな子供でもおすすめなのがDHA&EPAをサプリメントで摂取する方法です。

サプリメントなら一定量のDHA&EPAが手軽に摂取できますし、魚を毎日食べるよりもコスト的にも安く済みます。

ちなみに、魚が嫌いなお子さんでも飲めるジュース感覚で飲めるドリンクもあります。

 

子供も飲めるDHA&EPAサプリ

子供でも飲めるDHA&EPAサプリで一押しは佐藤製薬のDHA&EPAです。

DHA&EPAの配合量も多く、製薬会社のDHA&EPAですので安心です。

初回限定価格の1000円が魅力です!